子:側弯症:JSバランス乱れるとどうなる?

側弯症からの背中の歪みが慢性化すると自律神経のうち『緊張・活動』の役割をもつ『交感神経』が過剰に働き、バランスが乱れてきます。

筋肉や内臓・脳が緊張し続けている影響で疲労が溜まり、内蔵が圧迫しやすい状態にもなっています。

また、血流やリンパの流れが悪くなり、免疫が低下していきます。

さらに、副交換神経による『回復・休息』の働きが弱くなっているめ、人間が生まれ持つ『自分で回復する力』が発揮できません。

子供であっても自律神経の乱れは、ほぼ全ての健康上の問題に関係しているのです。

自律神経と聞くと、『ストレスや心の問題』とイメージされる方が多いようです。

確かにストレスも原因の1つですが、それだけではありません。

実は「身体の歪み」が大きなポイントなのです!

「身体の歪み」があると「呼吸」が浅くなります。

身体の歪み、姿勢が悪い、猫背の状態だと、肺に圧迫が起きるので呼吸が浅くなるのです。

そして脳も身体も酸素・栄養不足になります。

ちなみに身体に歪みがない「ゆったりした呼吸」ができている時は、副交感神経を刺激して収縮していた血管を緩ませます。

そして身体の隅々まで血流が戻ってくるので、緊張していた筋肉もリラックスし、精神的にも落ち着いた状態を取り戻すことができます。

つまり「身体の歪み」と「呼吸が浅く」なることで自律神経の乱れが起きるのです。

身体を正しく機能させるため、歪みと呼吸を整えることの重要性をお分かりいただけたでしょうか?

しかし、

「うちの子供は見た感じ歪んでないし、身体に痛みもない」

「運動できるから息苦しくない』

と思う親御さんも多いかもしれません。

先ほどのチェック項目に1つ以上当てはまったお子さんは、身体に必要な酸素・栄養を取り入れるための血流に異常があり、身体の歪みがあって、ゆったりした呼吸ができていない可能性が高いです。

 

背中の歪みが慢性化すると重心バランスが崩れて、繋がる首・腰も歪みます。

正しい姿勢と呼吸を取り戻すことによって、側弯症から起こる痛み・違和感が早く回復に向かいます。

整体ファイン