逆流性食道炎?病院に行く前に知っておくべきこと

精神的なストレスをためないようにすることがいちばん大切です。

食事での注意点

・胸焼けを起こしやすい食品を出来るだけ減らす:天ぷら等の揚げ物や脂肪食、オレンジなどの柑橘類を減らす。

・食卓塩(科学的に作られたもの)の取りすぎは逆流を起こし易いのです。かけすぎに注意してください。※海から採れた自然塩は大丈夫です。

・その他、カレーライス、ハンバーグ、シューマイ、マグロのトロ、揚げせんべい、さつまいも、オレンジジュース、コーラ、チョコレート、ココア、甘味和菓子、ショートケーキ、、ペパーミント等

・酒、たばこや刺激物(コーヒー、香辛料、カフェイン)や濃い緑茶、炭酸飲料(コーラ等)

ビールに枝豆は胃酸の分泌が多くなるので控えるのがよいです。

日常で気をつけること

・食後に横にならない

・食後にガムを噛む

・頭部を高くして寝る
・寝るときは、身体の右側を下にして寝ない

・軽い運動をする

・常温の水(ミネラルウォーター)や白湯を飲む
・生活習慣の乱れを正す

・食事は腹八分目にする

・就寝の4時間前になったら飲食をしない
・食べ物をよく噛む(唾液の分泌を増やすため)

・食事はゆっくりと取る

・油っぽいものを取り過ぎない
・甘いものを取り過ぎない

・カフェインを取り過ぎない

・刺激物(香辛料や酸味のあるもの)を取り過ぎない
・肥満を解消する

・前かがみの姿勢にならない

・ベルトや下着で胸や腹を締めつけない

・胃の粘膜を保護する食品を食べる

運動について

激しい運動は腹圧を高めるので、逆流性食道炎はスポーツ選手にも多い病気なのです。

散歩などの軽い運動は、胃液の逆流を抑制するのでお勧めです。肥満の対策にも運動は役立ちます。

逆流性食道炎について詳しくはこちら

逆流性食道炎

この記事に関する関連記事

痛み・シビレ専門 整体ファイン

〒221-0841神奈川県横浜市神奈川区松本町3−27−1 ラ・メール横浜201