更年期障害

なぜずっと悩んでいた更年期障害が改善に導くのか?その秘密は骨の歪み・筋肉の捻れをソフトな刺激でミリ単位で調整できる整体法にあります。

なぜずっと悩んでいた更年期障害が改善に導くのか?その秘密は骨の歪み・筋肉の捻れをソフトな刺激でミリ単位で調整できる整体法にあります。

横浜市で更年期障害でお悩みの方へ

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 顔がほてる・汗をかきやすい
  • 手足・腰が冷えやすい
  • 息切れ、動悸がする
  • イライラ、怒りやすい
  • 寝付き悪い、眠りが浅い
  • 足腰が痛い
  • 頭痛、めまい、吐き気
  • 疲れやすい

更年期障害はどんな人に起きるのか?

疲れやすい、イライラする女性

①女性40代~ ②男性40代~ ③若年性
以上3つに分かれます。若年性更年期は20~30代の女性に起きやすいです。

更年期障害を訴える人はどちらかというと生真面目で、自分を犠牲にしてでも家族や周囲の人のためにがんばってしまう人が多いようです。
ストレス>更年期
遺伝で起きるケースはあまり無く、生活習慣が大きく影響しているようです。

女性の更年期障害について

女性ホルモンの減少が原因

日本人の女性が閉経を迎える年齢は、50~51歳といわれており、一般的には閉経をはさんだ、45歳~55歳の約10年間を「更年期」と呼びます。
※ただし閉経年齢には個人差があるので、40代前半からはじまる人もいます。
ストレス、過度のダイエット、疲労の蓄積、激しい運動、不規則な生活、喫煙の習慣も大きな原因です。
閉経にともない卵巣の働きが衰え、女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が急激に減少することで起こります。
自律神経の乱れが原因に関連してます。

男性の更年期障害について

男性更年期障害は、男性ホルモン(テストステロン)の減少が原因と言われてます。
男性ホルモンの分泌量のピークは20代から30代で、その後、年をとるにつれて、40代後半あたりから減少していきます。
もちろん男性ホルモンの分泌量には個人差があり、分泌量の減少の仕方も人それぞれである。

また、男性ホルモン低下の原因は、①加齢、②ストレスである。
*男性で更年期障害を発症しやすい性格の方とは、神経質・真面目・几帳面・責任感がある方に多いそうです。

 

若年性更年期障害について

主な原因はストレスや無理なダイエット、食生活を含めて不規則な生活と見られています。
女性の社会進出が当たり前になった現在、女性も男性と同じように仕事の責任を抱え、休日出勤や、残業など、精神的にも肉体的にもストレスをため込むようになりました。
また、現代の生活そのものが、大きなストレスを生み出しているとも言われます。
ストレスが加わると、自律神経の働きも混乱してホルモンバランスも乱れ、さまざまな症状が出てくるのです。
そういう意味では、自律神経失調症も更年期障害も同じなのです。

あるいは、スポーツ選手などの場合、過激な運動が原因になることもあります。
こうした要因が、卵巣の働きを低下させたり、あるいは卵巣の働きは正常でもホルモンのバランスが乱れて、更年期と同じような症状が現れると考えられるのです。
またごく少数ですが、若い人で早発閉経に至る人もその原因です。

具体的な症状とは?

女性の場合

自律神経失調症のような症状

のぼせ、ほてり、冷え、動悸、頻脈

頭痛、めまい、不眠、耳鳴り、憂うつ感、

食欲不振、便秘、腹部膨満感、肩こり、腰痛、 関節痛、背筋痛

頻尿、残尿感、血尿、性器下垂感、月経異常、性欲低下、性交痛、外陰掻痒感

しびれ感、知覚過敏、蟻走感、掻痒感

シミ、しわ、湿疹、発汗、口内乾燥、眼球乾燥、唾液分泌異常、舌痛症

男性の場合

疲れた男性

体のほてり(ホットフラッシュ)、のぼせ、動悸、脈が早まる、めまい、肥満、痩せる、大量の汗(スウェッティング)、だるい、むくみ、冷え、疲労(だるさ)、神経質、不眠、うつ、性機能減退、性欲の低下、ED(勃起不全)、筋力の衰え、集中力の低下

 

若年性の場合

“ほてり”や“手足の冷え”だけでなく女性ホルモンの低下による骨量の減少、膣の乾燥や萎縮、脱毛、さらには精神的にも“うつ”、“不安”などが起こることがあります。

病院での対応

男女共通なこと

一般的な病院での対応には3つあります。
①薬物療法
処方されるお薬は以下の3つが中心です。
1,ホルモン補充療法
2,漢方療法:漢方の場合は効き目が緩やかな分、副作用ほとんどなし
3,自律神経調節剤・向精神薬

②カウンセリング
不安やうつ状態、不眠などが強い場合や心理的な問題が症状を悪化させている場合などは心のケアを行います。

③生活改善法のアドバイス
簡単な体操、自立訓練法、音楽療法など、心身ともにリラックスできる生活法などをアドバイスします。

若年性の場合

まず、早発閉経なのか、卵巣の機能低下やホルモンバランスの乱れが原因なのかを確かめることです。これは、血液検査で調べることができます。

→その結果
1,早発閉経と言われた場合
骨粗鬆症や高脂血症など閉経後に殖える病気が出てくる可能性も高くなるので、ホルモン補充療法などで積極的に行うことが必要になるそうです。
卵巣の機能が低下していたり、ホルモンの分泌量が少ない場合も、それぞれに適したホルモンの補充やホルモン分泌を促す薬が使われます。

2,卵巣機能やホルモンの量には問題がなし
ホルモン分泌がスムーズに行っていない場合は、まず生活の見直しが行われます。

一般的な整骨院などの対応

マッサージを受けてる女性

マッサージ、温熱療法、ツボに刺激を与える、血流を良くするなど。

本当の原因は身体の歪みと自律神経の乱れです!

更年期障害で悩んでいる方は身体の歪みがあり、自分を支えることが困難になっています。
そして、首の歪みがあることにより脳への血流が悪くなります。
脳にある自律神経の働きが低下していろんな痛み・違和感が起きるのです。

精神的なストレスと身体の歪みが慢性化することによって、代謝が悪くなり悪循環が起きます。
だから他にも辛い症状がどんどん増えてくるのです。

このようなことから、いくら痛み・違和感が増しても病院のお医者さんには専門外なので原因が分からなかっただけなのです。つまり、いろんな症状が起きてるからといってメンタルや科学的なアプローチだけは良くならないんです。
だから薬を飲んだり、マッサージを受けるだけでは改善に導かれません。

以下の悪循環を繰り返しているから楽にならないのです。

悪循環が続く

当院の整体で更年期障害を改善に導く3つの理由

①全身の歪みを整え更年期特有の症状が軽くなります

原因となる背中の歪みを整えます

背骨の歪みとホットフラッシュ(多汗、ほてり)や動悸は大きく関連しています。
痛くない・やさしい整体で背中の歪みや肩こりを和らげ、症状の改善に導きます。

②内臓の位置・ねじれを整えホルモンバランスの機能を良くします

妊娠・出産や尻もちなどの原因で骨盤が歪みっぱなしの方が多いです。骨盤を正常な位置に整えて内臓機能の向上に導きます。もちろん腰痛の改善にもなります。

さらに、子宮、肝臓、腎臓、副腎、胃腸の調整なども必要な方には行います。不定愁訴の改善に導くことができます。

③自律神経のバランスを整えリラックスできます

痛み・ストレスによって緊張してばかりの身体になっていませんか?同時に頭痛・めまい・不眠なども起きてませんか?自律神経のバランスを整えることによって自然と力が抜けリラックスできる身体を取り戻します。
当院は地域で唯一「自律神経専門コース」がある整体院です。

痛み・シビレ専門 整体ファイン

〒221-0842神奈川県横浜市神奈川区泉町1−2ラ・ルーナビル201