生理痛

なぜずっと悩んでいた生理痛が改善に導くのか?その秘密は骨の歪み・筋肉の捻れをソフトな刺激でミリ単位で調整できる整体法にあります。

なぜずっと悩んでいた生理痛が改善に導くのか?その秘密は骨の歪み・筋肉の捻れをソフトな刺激でミリ単位で調整できる整体法にあります。

横浜市で生理痛を改善に導きたい方へ

こんな痛み・違和感でお悩みではありませんか?

  • 毎月生理になる前から身体が痛い
  • しかたなく薬を飲んでごまかしている
  • 仕事を休んでしまうほど辛い
  • お腹以外にも、頭痛・肩こり・腰痛などあちこち辛くなる
  • いろいろ試してるが効果を感じない

時期別での生理痛の違い

月経前に起きる症状(PMS)について

*痛みなど不調の要因・・黄体ホルモン(女性ホルモンの1つ)
*起こりやすい不調・・・イライラ、頭痛、胃痛、乳房痛、肩こり、だるさ、集中力低下etc

女性ホルモンの一つ、黄体ホルモンの分泌量は排卵後、急激に増え、受精卵が着床せず生理が起こると一気に減ります。
この大きな変化で、身体をコントロールする自律神経がバランスをくずし、頭痛や胃痛、イライラなどの不調を引き起こします。
また黄体ホルモンは乳腺を発達させる、体温を上げる、体内の水分を引き出すなどの作用もあるため、乳房が痛くなったり、だるさや下半身のむくみも起こりやすくなります。
生理の1~2週間前から生理が始まるまであらわれるこれらの症状は月経前症候群(PMS)と呼ばれています。

月経前半での症状について

*痛みなど不調の要因・・プロスタグランジン
*起こりやすい不調・・・下腹部の鈍痛やキリキリした痛み、めまい、吐き気、下痢etc

生理直前から前半まで、プロスタグランジンという物質が急に増えます。この物質は子宮の収縮を促して生理の経血を身体の外に排出する役割を果たします。
この量が多すぎると収縮が強くなりキリキリとした痛みが発生します。
血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。
さらに胃腸の動きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因にも。実は陣痛のときの痛みもこのプロスタグランジンが原因と言われてます。
また、生理痛のある女性では、子宮内膜や経血に含まれるプロスタグランジンの量が生理痛のない女性より多いこともわかっています。

月経後半に起こる症状について

*痛みなど不調の要因・・うっ血
*起こりやすい不調・・・下腹部の鈍痛、腰のだるさ、頭痛、冷え、むくみetc

うっ血とは?
血液の流れが滞ること。骨盤を中心に血液の流れが悪くなり、下腹部の鈍痛や腰回りの重苦しい感覚を引き起こします。軽い生理痛なら、このうっ血をとることで楽になります。
半身浴で身体を温める、血行をよくする食事を心がけるなど、生活のなかで実践できることがあります。

※女性のライフサイクルが変わり、初経年齢の低下・出産数の低下・出産年齢の上昇・閉経年齢の上昇・晩婚化‥。
それに伴い、セルフケアではコントロールできないような生理痛をもつ女性も増えています。

 

症状・合併症から知る生理痛

女性の3割がひどい生理痛で悩んでいるそうです。

①機能性月経困難症・・・下腹部の痛み、腰痛、頭痛、吐き気
②器質性月経困難症(なんらかの病気が原因)・・・子宮内膜症、子宮筋腫など
③その他・・・不眠、抑うつ気分、吹き出物やニキビ

 

①下腹部・腹痛

生理の始まりの数日間に生じる下腹部の痛みです。
女性の6割以上が腹痛に悩んでいます。
この腹痛は生理が始まって2~3日後には楽になる事が多いです。

②腰痛

下腹部痛と同様に、生理の始め頃に生じる重い腰の痛みです。
生理痛を感じる女性の4割以上が、つらい腰の痛みを感じています。
こちらも生理が始まって2~3日後には楽になる事が多いです。

③頭痛

生理が始まったころに起こる頭痛です。
頭や体を動かした時や、脈にあわせてズキズキとした痛みが生じます。
もともと頭痛持ちの方は、生理痛での頭痛がより激しくなる傾向があります。

④胃痛

みぞおちの辺りに痛みが生じたり、胃にキリキリとした痛みが生じます。
ストレスからくる胃痛もありますが、毎月決まって生理が近づくと胃に痛みがある場合は、生理痛の胃痛の可能性があるでしょう。
さらに胃が刺激される事で、お腹が緩くなって下痢を起こす事もあります。

⑤吐き気・食欲不振・ダルさ

生理中に胃のムカムカ感などで食欲がなくなったり、吐き気が生じます。
胃や下腹部の痛みがある方は、その痛みに比例して吐き気が強くなる事があります。 また生理の始まりに体がだるくなるのも生理痛にみられる症状です。
生理痛を感じる3割以上の女性が、この体のだるさや倦怠感を感じています。
やる気が出ず動いたり何かすること自体がだるく、困難になってしまいます。

⑥めまい

めまいは、重い生理痛の方に出やすい症状です。
起き上がったり立ち上げる時に視界が回転するような感覚になったり、
クラクラして立ち上がるのが困難な状態です。

⑦イライラする・怒りっぽくなる

PMS(月経前症候群)に多くみられる症状です。
なぜかイライラしてしまう、怒りっぽくなってしまう症状です

⑧歯の痛み

歯茎や歯がガンガン・ズキズキと痛む症状です。
生理痛の歯痛は、生理時期になると体の免疫力が下がるため、もともとある炎症などの痛みが感じやすくなって起こる事があります。
生理の時期にしか痛みがない方も虫歯・炎症などで歯痛が起こっている恐れがありますので、一度歯科で見てもらいましょう。

⑨関節痛

生理中に関節に痛みが生じる事もあります。中でも股関節の痛みが多いといわれています。
生理痛の症状としてはあまり多くみられないですが、PMS(月経前症候群)の症状として関節痛があげられます。
生理前に体重が増加し関節に負担がかかる事によって、関節痛が引き起こされるケースが多いようです。
生理の終わり頃には症状がなくなる事がほとんどですが、生理が終わっても痛みが続く場合は関節の神経などが傷んでいる事があるので関節痛の薬を飲んだり整形外科などに行ってみてください。

病院や整骨院などでの対応

*病院
主に薬物療法:鎮痛剤、ピル、注射で対応されます。
薬の詳細・・・低用量ピル、イブプロフェン、アスピリン(15才以上)、エテンザミドアセトアミノフェンが含まれる薬(15歳未満)

*整骨院
温熱・電気療法、マッサージ、ツボへの刺激、血流を良くするなど

本当の原因は身体の歪みと自律神経の乱れです!

生理痛で悩んでいる方は身体の歪みがあり、自分を支えることが困難になっています。
そして、首の歪みがあることにより脳への血流が悪くなります。
脳にある自律神経の働きが低下していろんな痛み・違和感が起きるのです。

精神的なストレスと身体の歪みが慢性化することによって、代謝が悪くなり悪循環が起きます。
だから他にも辛い症状がどんどん増えてくるのです。

このようなことから、いくら痛み・ストレスが増しても病院のお医者さんには専門外なので原因が分からなかっただけなのです。つまり、いろんな症状が起きてるからといってメンタルや科学的なアプローチだけは良くならないんです。
だから薬を飲んだり、マッサージを受けるだけでは改善に導かれません。

以下の悪循環を繰り返しているから楽にならないのです。

当院の整体で生理痛が改善に導く3つの理由とは?

①全身の歪みを生理痛特有の症状が軽くなります

背骨の歪みと下腹部痛は大きく関連しています。
痛くない・やさしい整体で背中の歪みや肩こりを和らげ、症状の改善に導きます。その場で軽さを実感できますよ!

②内臓の位置・ねじれを整えホルモンバランスの機能を良くします

骨盤を正常な位置に整えて内臓機能の向上に導きます。もちろん腰痛の改善にもなります。

さらに、子宮、肝臓、腎臓、副腎、胃腸の調整なども必要な方には行います。不定愁訴の改善に導くことができます。

③自律神経のバランスを整えリラックスできます

痛み・ストレスによっていつも緊張してばかりの身体になっていませんか?同時に頭痛・めまい・不眠なども起きてませんか?自律神経のバランスを整えることによって自然と力が抜けリラックスできる身体を取り戻します。
当院は地域で唯一「自律神経専門コース」がある整体院です。

痛み・シビレ専門 整体ファイン

〒221-0842神奈川県横浜市神奈川区泉町1−2ラ・ルーナビル201